医院ブログ|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉

  • 駐車場完備
  • 保育士在中
  • 電話078-811-7016
  • 〒658-0048 兵庫県神戸市東灘区御影郡家1-34-9

みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック

キービジュアル

舌の位置と歯並び|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉の歯医者|ブログ

2017年09月21日

舌は味覚を感じたり、食べ物を食道に送り込んだり、言葉を発する時に重要な役割を果たします。日常生活において大活躍している舌ですが、舌には正しい位置があるということをご存知でしょうか。舌の位置が間違った位置にあると、様々な影響を及ぼします。

■正しい舌の位置。

何もしていない時や何かを飲み込む時に、舌は上の前歯の後ろの歯肉にくっついています。上顎にぴったりとくっつくのが舌の正しい位置で、この場所をスポットと呼びます。
舌が上顎にあると、舌の筋肉で上顎が押し広げられますので、顎が大きくなり、歯並びも良くなります。上顎が広がると、後から成長する下顎も広がります。

■舌の位置と歯並びの関係。

舌がスポットから離れて下に下がってしまうと、上顎が広げられず、歯並びが悪くなります。顎が狭くなると、歯が綺麗に並ぶスペースが足りなくなる為、デコボコになったり、八重歯になるなど、歯並びが悪くなります。
上顎が狭いと、前歯が飛び出して出っ歯になります。

舌の位置が低く、下の歯の裏側にあると、舌で下の前歯を押してしまいます。下顎や下の前歯のみ成長して、受け口になります。
舌が上下の歯の間にあると、上下の歯間に隙間が出来てしまい、奥歯で噛んでも前歯が噛めない状態の開咬になります。

舌の位置が正しくないと、歯並びに様々な影響をもたらしますが、歯並び以外にも影響が出てきます。
例えば呼吸です。正常な呼吸法は鼻からします。舌が正しい位置にあると、口を閉じて鼻から呼吸をするのですが、舌が上顎についていないと、口が開いて口呼吸になります。

本来、上顎と舌のサイズはほぼ同じになるのですが、舌が正しい位置にないと上顎が成長しないので、発音も悪くなります。
その他にもいびきが酷かったり、顔が歪む原因にもなります。

■正しい位置の覚え方。

舌が正しい位置にない場合、常にスポットを意識すると舌が安定します。
その為にも、口が普段から開いていて口呼吸をしている子は、唇を閉じて鼻で呼吸をさせるようにします。
また、舌の筋肉を発達させる事で、スポットの位置に舌が引き上げられます。あっかんべーや舌を回したりして、舌の筋肉を鍛えましょう。

舌先をスポットに置いて舌の奥を上顎につけたまま、閉じたり開いたりを繰り返す舌の筋トレ「オープンアンドクローズ」を行ったり、「あいうべ体操」でも舌が鍛えられます。
矯正装置を使って舌の位置を治すことも出来ます。

舌の位置によっては、歯並びに影響が出てきます。正しい舌の位置を覚え、顎を発達させる事で歯並びも綺麗に整います。
舌の筋肉が鍛えられる動きを遊びの中にも取り入れてみましょう。

ページを見る

データから見る子供の虫歯|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉の歯医者|ブログ

2017年09月21日

昔に比べ、子供達の虫歯が激減していると言われています。本当だとしたら非常に喜ばしい事実ですよね。今回は子供の虫歯が減っている実態にあわせて、虫歯が減った原因などについて、まとめてみました。

■データから見る子供の虫歯。

子供たちの虫歯は1970年代をピークに減っています。1970年代には9割を超える子供に虫歯があったのですが、現在では中学生や幼稚園児の虫歯は5割を切っています。
一人あたりの永久歯の虫歯の平均本数も、1980年代後半には5本近くあったのが、現在では1本を下回るようになりました。

■子供の虫歯が減った要因。

子供の虫歯が減ったきた要因はどこにあるのでしょうか。虫歯が減った要因には、様々な要因が影響しておりますが、大きな要因の1つとして考えられるのが、虫歯予防に対する意識の高まりでしょう。

国が小学校教員向けに指導書を作ったのが78年になりますが、この頃から学校や歯医者さんでも子供の生活改善に乗り出すなど、虫歯予防が浸透していきました。

学校では歯磨き指導を行うようになりました。小児歯科、予防歯科などに力を入れる歯医者も増え、患者も定期検診を受けるようになったり、フッ素入りの歯磨き粉も多数販売されるようになりました。

学校や歯医者での取組から親の意識の変化にも影響を与えました。各家庭では歯磨き習慣が定着し、おやつの食べ方など食習慣にも改善が見られるようになりました。仕上げ磨きを推奨した事も親が子供の虫歯予防に対する意識を高める結果に繋がりました。

学校での指導強化に加え、予防歯科の増加やフッ化物の普及、育児雑誌による親の意識の向上など、様々な要因が絡み合い、子供の虫歯が減ってきたと考えられます。

■子供の虫歯の予防策。

子供の虫歯予防は早期化する一方ですが、子供の頃からしっかり虫歯予防をしていれば、虫歯になる子供は減少します。
普段から歯磨きを習慣にし、おやつは食べる時間や回数を決め、ダラダラ食べ続けないようにしましょう。
虫歯予防にはフッ素も効果的です。フッ素入りの歯磨き粉や歯医者さんでのフッ素塗布なども上手く取り入れて、丈夫な歯を作りましょう。
人工甘味料のキシリトールも虫歯予防になります。1日に5?10g、3ヶ月継続して食べると、虫歯予防の効果を発揮します。甘いものが好きな子供に砂糖入りのガムを食べさせているのなら、キシリトール入りのガムを食べさせるようにすると良いでしょう。

虫歯には予防が大切です。虫歯にならないよう普段から気を付けておくことが出来れば、虫歯を減らすことが可能です。もしも虫歯になってしまっても、早期に治療することが出来れば、治療で受ける痛みも減らせます。普段から歯に気を使っていれば、大きな虫歯になる前に発見出来ます。
虫歯予防の習慣を徹底して、子供の歯を虫歯から守りましょう。

ページを見る

虫歯は他人に感染する|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉の歯医者|ブログ

2017年09月21日

赤ちゃんにキスをすると虫歯菌がうつる、という話を聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。赤ちゃんが可愛いあまり、スキンシップの1つとしてキスをしてしまう事もあるでしょう。しかし、キスで赤ちゃんに虫歯がうつってしまったら可哀想ですよね。
虫歯は本当に人から人へ感染するのでしょうか。

■虫歯は他人に感染する?

大人の口の中には様々な細菌が存在しますが、その中にミュータンス菌という細菌があります。ミュータンス菌は虫歯の原因になる細菌で、ミュータンス菌が増える事によって虫歯が出来ます。ミュータンス菌は赤ちゃんには元々ありません。大人の唾液を介して赤ちゃんにうります。

ミュータンス菌は歯の表面にくっついて歯垢を作ります。歯垢は細菌の塊で、プラークとも呼ばれています。口の中に糖分を入れると、歯垢の中のミュータンス菌が酸を作り、歯を溶かしてしまいます。歯に穴が開いてしまった状態が虫歯です。

キスだけでなく、離乳食の時期に親が噛み砕いたものを食べさせたり、口移しで食べさせても菌がうつります。親が使った箸や皿やコップを使わせてもうつります。
熱いものを冷ます為にフーフーしたり、赤ちゃんに顔を近付けて話すだけでも、虫歯菌がうつってしまうことがあるのです。

■赤ちゃんを虫歯から守る方法。

赤ちゃんに虫歯菌をうつさない為には、大人の唾液を赤ちゃんの口に入れないことです。
赤ちゃんにキスをしたり、口移しをしてはいけません。親が噛み砕いたものを食べさせたり、親が使った食器を赤ちゃんに使ってもいけません。

また、大人も口腔ケアをして、虫歯菌や歯周病菌を減らしておく必要があります。親が徹底していたとしても、おじいちゃんやおばあちゃんの世代では、虫歯菌の話を知らない場合もあります。
虫歯菌の感染を完全に防ぎきる事は難しいかもしれませんが、出来る限り親から虫歯菌をうつさないように心がけ、菌が赤ちゃんに感染する機会を減らしましょう。

同時に、乳歯が生えてきたら歯磨きの習慣をつけましょう。虫歯菌は硬い組織にしか棲めないので、赤ちゃんの口の中には生息出来ないのですが、乳歯が生えてきた時に棲みつこうとします。

食事をすれば口の中は酸性に傾き、虫歯になりやすい状態となります。おやつは時間を決め、ダラダラ食べ続けなければ、口の中は唾液によって中性に近付いてきます。常におやつを食べ続けていれば、口の中はいつも酸性になり、虫歯になりやすくなります。おやつは回数を決め、ダラダラ食べないようにしましょう。

赤ちゃんを虫歯から守る為には、虫歯菌をうつさないことです。赤ちゃんの口の中を健康な状態で保つには、周りの大人も一緒に気を付けなくてはなりません。赤ちゃんの虫歯予防だけでなく、周りの大人からもミュータンス菌を減らし、大人も一緒に口腔ケアを行いましょう。

ページを見る

子供の歯医者デビューに適した時期|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉の歯医者|ブログ

2017年09月21日

虫歯が出来たり、歯が痛くなったり、気になる症状が現れたら歯医者さんに行きますよね。症状がなくても、むし歯予防で歯医者さんに行くこともあります。
子供は何歳頃から歯医者さんに連れて行った方がいいのでしょうか。

■子供の歯医者デビューに適した時期。

子供の歯医者デビューの時期はいつがいいのかと言いますと、上の前歯2本が生えた頃を目安にすると良いでしょう。離乳食が始まると、甘いものを食べたり飲んだりする機会が増えてきます。むし歯になる可能性もありますので、歯磨きの習慣を身につけたい時期でもあります。
むし歯になる可能性がある時期に入ったら少しでも早く歯医者デビューをして、定期的に口の中を診てもらうことで、早い段階でむし歯を見つける事が出来ますし、むし歯予防をする事も可能です。早めに歯医者デビューをしておけば、歯医者さんにも慣れさせる事が出来ます。

■子供が実際に歯医者デビューしている年齢。

上下4本づつ計8本の歯が生えてきたら、歯医者さんでもフッ素塗布を勧めていますので、この時期に歯医者デビューをする子も多くなります。
実際に3歳頃になって、初めて歯医者さんに行く子も多いようです。しかし、3歳になると既にむし歯になっている歯があるかもしれません。家では見つけにくいむし歯もあるので、歯医者さんに行ってみたら実はむし歯が進行していたなんて場合もあります。

また、3歳になってから初めて歯医者さんに行く場合、恐怖心が芽生えてしまうこともあります。小さいうちから歯医者さんに定期的に通っていれば、慣れてしまいます。
むし歯になってから初めて歯医者に行くと、痛い思いをしたり、恐いという気持ちから、歯医者を嫌いになりかねません。

■子供が歯医者で治療する時に気をつけるべきポイント。

子供が通う歯医者を選ぶ際に注意すべきポイントは、やはり歯医者さん選びになります。赤ちゃんのうちから歯医者に通う場合は、小児歯科を選ぶと良いでしょう。
小児歯科では子供が恐がらないように不安を取り除いたり、痛みを極力減らすなどの工夫をしています。また、小児歯科では治療の際にお母さんへの説明もしっかり行ってくれます。子供が歯医者嫌いにならない為には、小児歯科を選ぶと良いでしょう。

むし歯になってから歯医者さんに行くのでは、子供をスムーズに連れて行く事が出来なかったりもします。
1歳の頃から定期的に歯医者さんに通って、お口の中の状態を診てもらうようにしましょう。早い段階から歯医者に通っていると、むし歯予防も出来ますので、痛い治療をせずに済む可能性も高くなります。

ページを見る

むし歯を予防する為のおやつの食べ方|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉の歯医者|ブログ

2017年09月21日

子供はおやつが大好きです。特に甘いものには目がないというお子さんも多いのではないでしょうか。たとえ親が目を光らせていても、友達と遊んでいる時に甘いお菓子を食べているかもしれません。
おやつの食べ方によっては、むし歯になりやすくなってしまいます。

■むし歯を予防する為のおやつの食べ方。

おやつを食べる時に注意したいのは、ダラダラ食べです。
甘いおやつを食べた直後から、口の中にいる虫歯菌が糖分を餌にして酸を出します。食事をすると口の中は酸性に傾きますが、むし歯を予防する為には口の中を中性に保つ必要があります。口の中が酸性に傾くと、歯の表面を溶かす脱灰が起こります。

しかし、脱灰が起きても口の中にある唾液が酸性から中性に近づけて、溶けた歯を元に戻してくれるのです。甘いものを食べた直後から歯が溶け始めますが、1時間後には歯が元に戻ります。これを歯の再石灰化と呼んでいます。
ですが、常に甘いものを食べ続けていると、口の中が酸性のままとなり元に戻る時間がありませんので、脱灰が進み、最終的にはむし歯になってしまいます。

むし歯予防の為には、甘いものをダラダラ食べ続けず、時間を決めて一度に食べるようにします。また、食事と食事の間に時間を空ければ、歯が再石灰化して元に戻る時間が出来ます。おやつの時間を3時なら3時と決めて、ダラダラ長時間かけて食べないように気をつけましょう。

■子供のおやつの食べ方のポイント。

おやつの種類でも、むし歯になりやすいものとなりにくいものがあります。砂糖が多く長時間口の中にとどまり、歯にくっつきやすいおやつはむし歯にもなりやすいです。例えば、ドロップやヌガー、キャラメル、ガムなどは、特にむし歯になりやすいおやつです。

チョコレートやこんぺいとう、カステラ、和菓子、ビスケット、クッキーなども糖分が多く、歯にくっつきやすいので、むし歯になりやすいおやつです。スナック菓子も砂糖を多く含むものは注意が必要です。
3歳までは特に糖分の多いおやつは控えるようにしましょう。

水分補給にジュースやスポーツドリンクを飲み続けることも、むし歯になりやすい習慣です。飲み物は水やお茶に替え、ガムはキシリトール100%のものに替えるなど、むし歯の原因になりやすい習慣を改善してみましょう。

唾液が多く分泌されれば歯の再石灰化も進みますので、むし歯になりにくくなります。唾液を多く出す為にもよく噛んで食べ、食後はしっかり歯磨きをしましょう。

ページを見る

癒合歯による問題点|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉の歯医者|ブログ

2017年09月21日

稀にですが、2本くっついて生えている歯があります。歯は本来1本づつ生えてきますが、2本くっついて生えている歯を癒合歯といいます。乳歯の前歯に多く見られる癒合歯ですが、癒合歯によって引き起こされる問題や周りの歯に与える影響はないのでしょうか。

■癒合歯による問題点。

永久歯よりも乳歯に見られやすい癒合歯ですが、発生する原因ははっきりわかっていません。ですが、癒合歯が生えてくる事により、様々な問題が発生します。

癒合歯があるとおよそ4割程の確率で、癒合歯の下の永久歯がないというデータがあります。通常、前歯の乳歯の根は1本の歯に対して1本存在するのですが、癒合歯の根は1本だけです。歯が2本あれば、根も2本あるものなのです。

永久歯は乳歯を確認してから出来るのですが、癒合歯の下の永久歯は1本しか出来なくなってしまうようです。結果、歯の数に異常が現れ、将来的には歯並びや噛み合わせにも影響を与えます。

数本の歯がくっついていると、それぞれの歯が永久歯に生え変わる時期にズレが生じます。本来は乳歯の根が吸収されて自然に歯が抜けるのですが、癒合歯は自然に抜けず、永久歯が横から生えてしまったりする場合もあります。

また、癒合歯はむし歯になりやすいといった点もあります。くっついている歯の境目がむし歯になりやすいのですが、神経にまでむし歯が及んだ時に神経も複雑な為、治療が難しくなります。
むし歯だけでなく、歯茎にも汚れが溜まると歯肉炎も起きやすくなります。

■癒合歯によって起こる問題への対応策。

永久歯が生え変わる時期になったら、レントゲンで癒合歯の下の永久歯の有無を確認するようにしましょう。
レントゲンで永久歯が確認出来たとしても、吸収されない根があるとわかった場合は、歯がグラグラして自然に抜ける可能性が低くなります。この場合は抜歯が必要になるでしょう。

癒合歯はむし歯になりやすいので、歯医者さんでブラッシング指導を受けたり、フッ素を塗布してもらい、むし歯予防を行います。
溝が深い場合などにはシーラントで溝を埋めて、むし歯予防をすることも出来ます。

乳歯が癒合歯でも、永久歯では通常の歯が生えてくる場合もありますが、半数くらいの子供の永久歯にも癒合歯の影響が出ています。
生え変わりのタイミングで処置が必要になる場合もありますので、歯医者さんでレントゲン撮影をしてもらい、癒合歯の下の永久歯の状態を定期的にチェックするようにしてください。

ページを見る

歯科検診の診断結果の見方|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉の歯医者|ブログ

2017年09月21日

子供は学校で歯科検診を受けます。歯科検診を受けると、各家庭に診断結果が知らされます。診断結果においてむし歯がなければ、一安心でしょう。ですが、学校の歯科検診を受けただけで安心してしまっても良いのでしょうか?

■歯科検診の診断結果の見方。

歯科検診を受けることで、むし歯の進行度合や歯の汚れ、歯肉の状態などがわかります。
Cと書かれていたら、むし歯がありますので、歯医者さんで早めに治療をしてもらいましょう。むし歯の進行を止める薬を塗っていたり、治療中の歯もCと記されることもあります。

むし歯になりかけている歯はCOと記されます。形成不全と呼ばれる弱い部分のある歯もこのように記されることがあります。歯医者さんでむし歯予防の為の処置が必要となる場合もありますので、早めに診てもらいましょう。
○は治療が完了した歯になります。

歯の汚れが落としきれていない場合は、むし歯を始め、歯肉炎などの原因にもなります。
歯垢が硬くなると、歯石になります。歯石は自分では綺麗に落としきれませんので、歯医者さんで除去してもらいましょう。
また、子供の歯肉炎も数多く報告されています。歯肉炎の原因の多くは、歯についた汚れになりますので、しっかり歯磨きをして、時には歯医者さんでお掃除してもらいましょう。歯肉炎はG、歯肉炎になりかけているところはGOと記されます。

隣接する歯と歯がくっついている癒合歯もむし歯になりやすいので、歯医者さんで診てもらいましょう。
乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきたり、抜けるべき乳歯が残っている場合は、抜歯が必要になることもあります。乳歯の下の永久歯に影響を与えることもあるので、早めに歯医者さんを受診しましょう。
歯が足りなかったり、多かったり、顎の関節に異常が見られる顎関節症や、不正咬合なども歯科検診でわかります。

■歯科検診で虫歯なしと診断されても安心してはいけない理由。

学校の歯科検診では短時間に多くの子供の口の中の状態を診ていかなくてはなりません。歯医者で行う診察とは違って照明も暗く、見づらい状況にあります。
また、歯は目に見える部分だけではないので、レントゲン撮影を行わない歯科検診では、目に見えない部分でのむし歯は見つけにくくなります。
学校の歯科検診でむし歯がないと診断されても、100%むし歯がないという保証はないのです。

制度の高い検査を受ける為には、1年に3、4回歯医者さんで定期検診を受けましょう。歯医者さんの定期検診を受けておくことで、より正確な診断を受けられますので、虫歯などの見落としを減らすことが出来ます。

ページを見る

子供が注意すべき症状と治療|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉の歯医者|ブログ

2017年09月21日

小さな子供は転んだりして、歯が欠けたり、折れたりすることがあります。子供は歩くのが不安定な為、転倒をしやすく、その際に歯の怪我をすることも多いのです。歯がグラグラしたり、抜けてしまう場合もあります。
このような怪我は1~3歳の子供に発生しやすいのですが、乳歯の怪我は永久歯にも影響を与えてしまうのでしょうか。

■注意すべき症状と治療。

①歯の変色。
歯をぶつけることにより、歯が変色してきたりします。症状は数週間から一ヶ月後くらいに出てきます。神経が死んだり、血管が切れることで歯が変色してしまうのですが、元に戻る場合もあります。歯医者さんで経過を定期的に確認してもらいましょう。

②歯がグラグラする(動揺・亜脱臼)
歯の怪我をすると、グラグラしたり、抜けてしまうことがあります。歯がグラグラする場合は経過観察をする中で、グラグラが落ち着いてくることもあります。なかなか収まらない場合はワイヤーなどを使って、隣の歯に固定したりします。

③歯が抜ける(完全脱臼)
歯が抜けてしまったら、抜けた歯や抜けた歯の周りの骨、乳歯の下にある永久歯の状態などを考慮して、元に戻すかそのまま抜いてしまうか決めます。歯が抜けてしまっても、歯の状態や抜けてから治療開始までの時間が短ければ、再植出来る可能性もあります。

④歯の移動(転移)
ぶつけた衝撃で歯が移動した場合、噛み合わせに問題がなければ経過観察します。自然に元の位置に戻ることもありますが、噛み合わせに影響が出ているような場合は元の位置に戻します。

⑤歯が骨にめり込む(陥入)、歯が飛び出る(挺出)
歯の一部や全部が、ぶつけた衝撃によって骨の中にめり込むことがあります。いずれまた出てくる事もありますが、永久歯に影響を及ぼす場合は抜歯します。
歯が飛び出てしまった場合は、抜歯をするか元に戻します。

その他にも歯の頭の部分が折れてしまう歯冠破折、歯の根の部分が折れてしまう歯根破折、歯槽骨の骨折などがあります。歯の怪我の状態と合わせて治療が決まりますので、怪我をしたらすぐに一度歯医者さんで診てもらいましょう。

■乳歯の怪我による永久歯への影響。

乳歯しか生えていなくても顎の中では永久歯が育ってきていますので、乳歯が怪我をすると、永久歯にも影響を与えてしまうことがあります。
例えば、生えてきた永久歯が形成不全と呼ばれる弱い歯になってしまったり、歯の形が歪んだり、歯が短くなることもあります。歯の根が曲がったり、永久歯の生える位置が変わってしまうこともあります。

子供が動き回り始める時期には怪我も増えてきます。万が一、乳歯の怪我をしてしまったら、永久歯への影響が出ることもありますので、いずれ生え変わる乳歯の怪我だからと放置せず、歯医者さんを受診しましょう。

ページを見る

過剰歯について|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉の歯医者|ブログ

2017年09月21日

過剰歯は正常な歯の本数よりも余分に存在する歯で、不必要な歯です。乳歯は20本、永久歯は親知らずの4本を含め32本です。これ以上ある歯を過剰歯と呼びます。
過剰歯は1本の場合もあれば、稀に複数本生えてくることもあります。本来必要な歯ではないので、抜歯をした方がいいと言われている歯です。
今回は過剰歯について詳しくご説明したいと思います。

■過剰歯について。

過剰歯の原因については、はっきりしたことがわかっていませんが、残しておくと歯並びや虫歯など、様々な問題を引き起こすと言われています。
過剰歯には順性過剰歯と逆性過剰歯の2種類があります。順性は口の中に生えてくる方向に埋まっているので、生えてきたら抜歯します。
逆性は歯茎に埋まったままになっておりますが、歯並びや周りの歯に悪影響を及ぼす可能性がある場合は抜歯をします。
過剰歯は乳歯よりも永久歯に混ざっている事が多く、通常の永久歯よりも小さめです。形も一般的な永久歯の形とは異なり、四角い形をしていない歯も多く見受けられます。
また、原因は不明ですが、過剰歯は女性よりも男性に多く見られます。

■過剰歯による影響と抜歯をした方がいい理由。

過剰歯があることで、永久歯がなかなか出てこないといったこともあります。
過剰歯は上の真ん中の前歯の間によく見られますが、過剰歯があることによってそこに生えてくる永久歯の成長を妨げ、永久歯が出てこれなくなってしまいます。ですが、過剰歯を抜歯すれば永久歯は生えてきます。

また、過剰歯があることで前歯の間に隙間が出来て、すきっ歯になってしまうこともあります。奥歯の永久歯が生えてきても前歯の隙間がなくならない場合は、過剰歯があるかもしれません。

過剰歯が顎に埋まったまま成長すると、正常な歯の根の歯根に食い込んで、歯根を溶かす場合があります。過剰歯が骨の中にとどまると、嚢胞を作ることもあります。

永久歯が虫歯になって神経が死んでしまった場合、その歯の根の近くに過剰歯があると、過剰歯も細菌に感染します。痛みや腫れが出てくると、歯肉を切開して感染した過剰歯の抜歯をしなくてはなりません。

過剰歯は、正常な歯に悪影響を及ぼすかどうかによって抜歯をするか判断します。抜歯をする際は、近くの歯の状態や過剰歯が埋まっている位置などを詳しく検査してから、抜歯の時期や方法を決めていきます。
正常な歯に影響を及ぼさず骨の中にとどまっている場合はそのまま経過を見ることもありますが、歯医者さんで定期的にレントゲンを撮って確認してもらうといいでしょう。

ページを見る

歯磨き事故|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉の歯医者|ブログ

2017年09月21日

子供が成長してくると、自分で歯ブラシを持って歯磨きをしたがる子も増えてきます。歯磨きの習慣をつけさせる為にもどんどん練習させてあげたいところですが、小さいうちは歯磨き中にじっとしていられない子供もいるので、歯ブラシをくわえたまま動き回って怪我をする子が増えています。
子供が1人で歯磨きを始める前に、歯磨き中に起きている事故の実態や危険性について知っておきましょう。

■子供の歯磨き事故の実態。

東京消防庁の発表によれば、2010年から2016年までの間に歯磨きが原因で救急搬送された事故は207件も起こっています。また、事故を起こしている年齢の多くは1~2歳の子供です。
事故の原因の多くは、歯磨き中に歩いたり走ったりして転倒することが原因で起こっており、全体の64.3%を占めています。入院が必要になるほどの事故も14%起きており、生命の危険が認められるほどの事故も1%起きています。
子供の歯磨き中に起こる事故は、大きな怪我に繋がる恐れがある為、普段から気を付けておかなくてはなりません。

歯磨き中に事故が起こりやすい子供の行動は、歯ブラシをくわえたまま動き回ったり、椅子や踏み台などの不安定な場所に乗って歯磨きをしたり、歯磨き中に兄弟と喧嘩したりじゃれ合ったりという行動になります。

■歯磨き事故の防止策。

歯磨き中の事故を未然に防ぐ為には、周りの大人が歯磨き中の子供から目を離さないようにすることです。子供をじっとさせておくのは難しいかもしれません。
ですが、子供は予期せぬ行動をしますので、危険だなと思った時はすぐに歯ブラシを取り上げられるよう、歯磨きが終わるまでの間は子供から目を離さないようにしましょう。

また、歯磨き中の事故は、子供が歯磨きをしている最中に歩いたり、走ったり、動き回っている時に発生しています。歯磨きをしている時は動き回らせないようにすると同時に、歯ブラシを持ったまま歩かせないようにもしましょう。
椅子や踏み台などの不安定な場所に立って歯磨きをしている時に転倒して怪我をする子供もいます。出来れば安定した場所に座って歯磨きをしましょう。

口の奥に歯ブラシが入らないよう、安全対策が施されている歯ブラシもあります。喉まで届かないような歯ブラシであれば、喉に刺さったりといった怪我を防げます。
歯磨き中にじっとしていられない子供には鏡を持たせるのも効果的です。歯磨きしているところを見せておけば、鏡に集中しますし、歯磨きの方法を教えてあげることも出来ます。

子供の頃から歯磨きをする習慣をつけさせることは大切です。しかし、時に子供は大人が予期せぬ行動を起こします。
歯磨き中に起こる事故は、非常に危険な事故になりかねませんので、常に歯磨き中の子供からは目を離さないようにして危険から守りましょう。

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • オンライン予約
  • メール相談

電話078-811-7016

兵庫県神戸市東灘区御影郡家1-34-9

診療時間
10:00 ~ 12:30
13:30 ~ 18:30

※最終受付:各30分前まで

このページの先頭に戻る