医院ブログ 月別: 2019年5月

  • 駐車場完備
  • 保育士在中
  • 電話078-811-7016
  • 〒658-0048 兵庫県神戸市東灘区御影郡家1-34-9

みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック

キービジュアル

乳歯の生え変わりの時期を詳しく解説

2019年05月24日

乳歯は永久歯が生えてくると、その短い役目を終えます。では乳歯はいったいどのように生え変わるのでしょうか。また生え変わりの順番はあるのでしょうか。今回は、乳歯の生え変わりについてお話をいたします。

 

 

乳歯の生える時期について

まず、乳歯が生える時期について触れてみます。乳歯の数は上下合わせて20本で、

赤ちゃんによって個人差がありますが、一般的に生後6~7ヶ月ごろから生え始め、3歳ごろに生え揃います。

 

では乳歯の生える順番と名称、おおよその時期をご紹介します。(左側が上顎/右側が下顎)

 

  • 乳中切歯・・・7ヶ月/6ヶ月
  • 乳側切歯・・・9ヶ月/7ヶ月
  • 乳犬歯・・・1歳半/1歳4ヶ月
  • 第一乳臼歯・・・1歳2ヶ月/1歳
  • 第二乳臼歯・・・2歳/1歳8ヶ月

 

乳歯の役割とは

乳歯は、固形物を噛むという咀嚼機能を育てるために存在します。赤ちゃん時代に母乳やミルクで栄養を摂取していたのが、乳歯が生えることによって離乳食が始まり、歯の生え方によって少しずつ固形物を食べる訓練をします。

 

しかし乳歯の役割はそれだけではありません。しっかりと噛んで顎の骨を成長させ、後に生えてくる永久歯を正しい歯列に導くという非常に大切な役目を持っています。永久歯の歯並びは、乳歯時代の咀嚼に大きく影響し、噛み応えのあるものをしっかりと噛むことで永久歯が生えるスペースを確保します。

 

 

乳歯が永久歯へ生え変わる仕組みと順番について

では続いて永久歯が生え変わる順番に移りましょう。

 

  • 第一大臼歯・・・6~7歳/6~7歳
  • 中切歯・・・7~8歳/6~7歳
  • 側切歯・・・8~9歳/7~8歳
  • 第一小臼歯・・・10~11歳/10~12歳
  • 第二小臼歯・・・10~12歳/11~12歳
  • 第二大臼歯・・・12~13歳/11~13歳
  • 第三大臼歯(親知らず)・・・17~21歳

 

 

永久歯は上下合わせて28本あり、親知らずを合わせると、全部で32本です。親知らずは生えてこない人もいるため、通常28本で数えます。

第一大臼歯、第二大臼歯、第三大臼歯(親知らず)は乳歯がありません。そのため生え変わりではなく、新たに生えてくると表現してもいいでしょう。

 

永久歯が生えるためには、永久歯が並ぶ場所が必要です。乳歯は永久歯と比べて根が短いという特徴があります。そのため成長とともに、乳歯が生えていた場所の下から永久歯が押し上げることでグラグラし始め、やがて抜け落ちます。

なお乳歯同様、永久歯の生え変わりの時期も個人差があります。お友達が早く生えているのが気になるかもしれませんが、永久歯が歯ぐきの中にあれば心配することはありません。しかし中には永久歯の欠損も考えられるため、念のためレントゲン撮影を行ってもらうと、その後の対処がしやすいでしょう。

 

ページを見る

今週のブラックボードです♪

2019年05月22日

今週のブラックボードは、口呼吸についてです。

お口、ポカンと開いていませんか?

口呼吸は、様々なデメリットを生じます。

口呼吸になっていないか、みんなでチェックしましょう♪

ページを見る

第156回歯っぴーサロンです♪

2019年05月22日

本日は第156回歯っぴーサロンでした(^O^)/

フッ素ジェルやフロスの使い方など、虫歯予防のための詳しいお話でした。

 

ページを見る

第154回歯っぴーサロン

2019年05月21日

本日は第154回歯っぴーサロン武内先生でした☺

口呼吸についてお話しました。

ページを見る

第153回歯っぴーサロン

2019年05月20日

本日は、第153回歯っぴーサロンでした。

歯によく食べ物が詰まるということで、フロスのことを中心にお話しました。

 

また、何か気になることがあればお申込み、ご参加してください。

ページを見る

乳歯がグラグラ・・・こんなとき受診するべき?様子をみるべき?

2019年05月15日

乳歯は生え変わる時期が来ると、下から永久歯が押し上げてきてグラグラし、自然に抜け落ちます。しかし場合によっては歯科医院を受診したほうがよいケースもあるため、ご家庭では判断しにくいこともあります。今回は、乳歯がグラグラなときに歯科医院を受診したほうがよいケースについてお話をいたします。

 

 

歯の生え変わりについて

可愛らしい乳歯も、ある時期がくればその役目を終えます。それが、永久歯が生えるときであり、永久歯が下から押し上げることにより、根が短い乳歯はグラグラし始め、自然に抜け落ちます。

 

乳歯が抜ける時期はお子さんにより個人差がありますが、下の前歯が抜け始めるのがおよそ6歳ごろであり、その後順を追って抜けていきます。乳臼歯は前歯に比べると抜ける時期は遅く、中には中学生になってからやっと抜けるケースもあります。

 

他のお子さんと比べて我が子は抜けるのが遅いのでは?と心配になることもあるかもしれませんが、レントゲンで歯ぐきの中に永久歯の存在が確認されればそれほど心配することはありません。

 

 

歯科医院を受診したほうがよいケースとは

乳歯がグラグラしてきたとき、自然に抜けるのを待つほうがよいのか、歯科医院を受診したほうがよいのかわからないときはどうすべきなのでしょうか。抜けるのを待たずに歯科医院を受診したほうがよいケースは、次のとおりです。

  • グラグラしている歯に痛みがあり、歯ぐきが腫れている場合
  • 永久歯が生えてきているのになかなか乳歯が抜けない場合
  • 乳歯が割れてしまい、完全に乳歯が抜けておらず、根が残っている場合
  • 乳歯がほとんど抜けているのに、歯肉のごく一部がくっついてプラプラしている場合

 

このようなケースは歯科医院を受診し、抜歯の処置を受けたほうがよいでしょう。特に永久歯が生えてきているものの、歯列的に問題があると考えられる場合は、自然に抜けるのを待たずに歯科医院を受診して下さい。永久歯の歯並びに深刻な影響が残ることが心配されます。

 

 

乳歯が抜けたあとに気をつけるべきこととは

乳歯が抜けたあとや、歯科医院で抜歯の処置を受けたあとに気をつけるべきことについてご紹介します。

 

まず、乳歯が抜けたあとの穴が気になるからといって、お子さんが舌や指で触らないように気をつけてあげてください。抜けた後の歯ぐきは自然に治りますが、指や舌で触ってしまうと、治りが遅くなる場合があります。

特に汚れた指で触らないようにしましょう。細菌感染が起こると、歯肉が腫れてしまう恐れがあります。

また顔を出し始めた永久歯が虫歯にならないよう、保護者の方が丁寧に仕上げ磨きをしてあげてください。乳歯のない位置ですが、特に第一大臼歯(6歳臼歯)は溝が深く、奥のほうにある歯で非常に虫歯になりやすい歯です。永久歯の中でも第一大臼歯は最も大切な歯であるため、ケアを怠らないようにお子さんに声かけをし、保護者の方は仕上げ磨きを怠らないように気をつけてあげてください。

 

短い間とはいえ、乳歯のケアはとても大切です。

 

 

ページを見る

第152回歯っぴーサロンでした!

2019年05月15日

本日は室井先生による第152回歯っぴーサロンでした。

0歳からの予防についてのお話しでした♪

ページを見る

今週のブラックボードです♪

2019年05月15日

今週のブラックボードは、飲み物に入っている砂糖の量についてです。

暑くなるこの時期、水分補給は大切ですが、虫歯にならないためにも、お茶かお水で取りましょう!

 

ページを見る

第150回歯っぴーサロン

2019年05月14日

今日は、第150回の歯っぴーサロンでした。

癖の事を中心にお話ししました。

指しゃぶりの癖のあるお子さまには、指に苦い薬を塗りました。

ページを見る

今週のブラックボードです♪

2019年05月8日

ブラックボードが新しくなっています♪

おやつの選び方で、虫歯のリスクを減らせます!

当院では、歯医者さんが考えた虫歯になりにくいおやつも置いています。

ぜひ、お試しください♪

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • オンライン予約
  • メール相談

電話078-811-7016

兵庫県神戸市東灘区御影郡家1-34-9

診療時間
10:00 ~ 12:30
13:30 ~ 18:30

※最終受付:各30分前まで

このページの先頭に戻る