子供の歯並び改善

  • 駐車場完備
  • 保育士在中
  • 電話078-811-7016
  • 〒658-0048 兵庫県神戸市東灘区御影郡家1-34-9

みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック

キービジュアル

短期集中が魅力です!

8万円〜で出来るプランもご用意

「悪くなった歯並び」を
改善するのではなく、
「歯並びが悪くなる原因」を
事前に改善します。

これ以上悪くなることを防止し、
歯並びが後戻りしにくくなるのが
当院の矯正治療の特徴です。

また非抜歯での治療が
出来るのも喜ばれています。

歯並びが悪くなる、「そもそもの原因」にアプローチします

このようなご経験はないでしょうか?

「小さいころから歯医者さんにかかっているのにどんどん歯並びが悪くなってしまう」「矯正の相談をしたけど大人の歯が全部生えるまで待ちましょうと言われた

これはお母さんやお父さんからよく相談を受ける言葉です。
私達も今までは矯正治療は大人の歯が生え揃ってからと考えてきました。

しかし、「歯並びが悪くなるのがわかっているのに、このまま何もしなくてもいいのか?」
「悪い歯並びのせいで虫歯をつくってしまう、このままでいいのか?」

院長2

このように思い悩んだ時期がありました。
そのような時に出会ったのが、Biotherapy(生物学的機能療法)を基本とした、メカニカルな装置を補助的に利用する矯正治療でした。

専門的なお話になってしまいますので、ここでは簡単にご説明します。

Biotherapy(生物学的機能療法)について

バイオ

歯並びが悪くなる原因の多くは、歯が生えるスペースが足りないことに起因しています。つまり、あごの成長不足の結果です。子供のころに正しく顎が成長すれば自らの力で自然に歯の位置は治ることが判明しています。
Biotherapy(生物学的機能療法)とは、歯並びが悪くなった原因を考え・改めることです。具体的には顎を適切に成長させるため、「しっかり噛む」食事に改善したり、お口の全体の機能を適切に成長させるため、筋肉(頬や舌)の訓練、そして、歯並びを悪化させる悪いクセ(指しゃぶり、口で呼吸する、ほおづえなど)を改善させます。

しかし、このBiotherapy(生物学的機能療法)だけでは治らないと考えられる場合に装置を使った矯正治療を並行して行います。それが次の「メカニカルな矯正治療」です。

メカニカルな矯正治療について

Biotherapy(生物学的機能療法)による歯並びの改善だけでは難しい場合、装置を使うことになります。様々な装置がありますが、ここでは「マウスピース型矯正装置」をご紹介します。

  • 「日中1時間」と「就寝時」のみの
    装着で歯並びを整えます。
  • 取り外し型ですので、
    違和感」も抑えられます。

マウスピース型矯正装置とは

マウスピース型矯正装置とは、小児(4歳から9歳ぐらいまで)の歯並びを改善する装置です。

この装置の特徴は「歯を直接動かす」のではなく、歯並びを悪くしている原因(口の周りの筋肉)を改善することで「間接的に歯並びを改善」していくことです。

歯は適当に生え並んでいくのではなく、「舌・頬・唇の筋肉」のバランスに合わせて並んでいきます。

ドクター

つまり、この口周りの筋肉のバランスが悪ければ歯並びは悪くなり、バランスが良ければ理想の位置に自然と並んでいきます。

マウスピース型矯正装置は、お口に入れることで自然と口周りの筋肉を訓練しバランスを調整してくれます。結果、歯が正しい位置に並んでいくことになります。

対応できる症例

マウスピース型矯正装置は様々な症例に適用でき、下記のような症例には専用の装置もあります。

  • 出っ歯
    咬み合せが深い
  • 凸凹
    前歯が咬み合わない
  • 受け口
    反対咬合

他の矯正装置にはない優れた特徴

マウスピース型矯正装置にはこれまでの矯正装置にはなかった特徴があります。
それぞれご紹介します。

特徴1取り外しできるため、お子様への負担が少ない

一般的な固定式の装置は、違和感や痛みが強くなります。取り外しのできるマウスピース型矯正装置は、違和感と痛みが抑えられます。また、取り外しできるため、一般の装置と比べお口のケアがしっかりとできますので、虫歯の心配も少なくなります。

特徴2装着は「日中1時間」と「就寝時」のみ

日中1時間就寝時のみの装着となりますので、装置を学校へ持っていく必要もなく、日常生活への影響がほとんどありません。

特徴3治療後、後戻りしにくい

「歯並びが悪くなる原因」を根本から取り除く治療となりますので、治療終了後の後戻りの可能性が低くなります。

特徴4将来的な費用をおさえることができる

治療終了後は、お口の環境が整いますので、新しく矯正治療が必要となった場合でも、治療の期間が短くなる、良い効果が期待できるなどの効果があります。
そのため、成人になってから矯正を始めるよりも、矯正にかかる費用を抑えることができます。

まとめ

これら、生物学的機能療法と補助装置を利用した治療を実施することで、矯正治療のスピードアップ、そして、矯正ではよくある「後戻り」を防止する効果があります。

  • 顎の適切な成長
  • 装置
  • 理想の歯並び
    治療期間の短縮
    後戻り防止

その他、下記のようなメリットも享受できます。

  • 喘息(ぜんそく)の改善
  • アトピー性皮膚炎の改善
  • アレルギー性鼻炎の改善
  • いびきの改善
  • 咀嚼機能の改善
  • 学習能力向上の可能性

現在、マウスピース型矯正装置を使用をされているお子様や、10代のお子様には来院時に口腔機能改善・舌癖を治すトレーニングを行なっています

  • ※口腔機能改善のトレーニング
  • ・1回あたり4,000円(税別。1回30分 月1回のトレーニング)。
  • ・専用トレーニングテキスト付き。
  • ・自宅での練習用に動画視聴サイトもご用意しております。
  • ・ご兄弟の場合、同時に受けられる方は1名分の料金。

トレーニング導入の流れ

  • 1. 初診時に現在のお口の状態をチェックシートで問診します
  • 2. どんな舌癖があるのか、口腔機能に問題はないのか現在の状態を検査いたします。(3分程度 無料)
  • 3. 検査結果の説明をいたします(30分無料)
  • 4. 医院にてトレーニングの練習
    舌癖の程度や状態に合わせて作成したトレーニングメニューを一緒に行い、トレーニングの練習をしてみます
  • 5. 自宅でのトレーニング
    練習したトレーニングメニューをご自宅で行なっていただきます。
    小さなお子様の場合はお母さまも一緒に、楽しみながら行うようにしましょう。
  • 6. 次回来院時、改善具合をチェック
    ご来院時にトレーニングの効果や舌癖の改善具合をチェックします。
    改善されていた場合は次のステップに進み、新しいトレーニングメニューの練習をします。
  • 7. 自宅でのトレーニング
    新しいトレーニングメニューをご自宅で行なっていただきます。

6と7を繰り返し、癖の改善がされるまで行います。
およそ1年程度でトレーニングは終了いたします。

歯は骨と筋肉(頬や舌)で囲まれています。その筋肉がバランスよく機能していないと、装置で治療しても悪い歯ならびに戻ってしまいます。

また、一般にはまだ認知されていませんが、「舌の使い方」で歯並びが大きく影響するということは歯科医師はみんな知っています。

舌癖のある人は歯やあごの骨を舌で前へ押し出しています。その結果、一部の前歯が前方へ押し出されて「出っ歯」になったり、上下の前歯が開いて、前歯で物が噛み切れなくなります。

せっかく矯正治療できれいにした歯並びを、舌で押し出してしまい「後戻り」が起こります。

マウスピース型矯正の効果をより上げるために

トレーニングを併用することでさらに治療効果が高まります。そのため、当院では矯正されるお子様には口腔機能改善トレーニングをお勧めしております。

コラム―
透明な装置「インビザライン」も
ご用意しております

イラスト

インビザライン

成人の方に人気が高い透明なマウスピース型の矯正装置「インビザライン」の子供向けである「インビザラインteen」を当院では扱っております。この装置は目立ちにくいことがいちばんのメリットですが、1日20時間は装着して頂く必要がある装置ですので、お子様、そして親御さんの協力が必要になる装置となります。

ワイヤーを利用する矯正装置、目立つ装置が嫌だという方に非常に人気があります。
痛みも抑えることができますので、興味をお持ちの方、一度ご相談ください。

インビザライン認定

インビザライン認定

矯正治療を始める時期は?

「子どもの矯正治療はいつごろ始めると良いですか?」

このようなご質問をよく親御さんから受けます。
私はいつも次のようにお伝えしています。

適切な治療開始時期は、お子様の状態によって違います。治療するしないにかかわらず、まずは早い段階でお口の状態を拝見させてください

院長

よく、「一般的には○歳~○歳の間が治療を開始するのに適切」といった情報がありますが、これはあくまで「一般的には」というものであり、実際はそれぞれのお子様に適切な治療開始時期があり、○歳からと一概には言えません。

お子様のお口の中を拝見し、適切な診査診断をすることで、今後、お口の中がどのように変化していくか、そしてその変化は適切なものか、適切な変化でなければ、いつ、どのような装置を利用して治療をしていくのかが予測できます。

矯正の相談に行く=治療しなければならない」ではなく、
子供のお口の成長の変化は適切かどうかを聞きに行く

このような意識で、うまく歯科医院を利用して頂ければと思っております。

コラム―
子供のうちに矯正治療を
しておくことのメリット

大人と子供の矯正治療の手法は異なります。

大人は、アゴの骨格的成長と歯並びが既に完成している状態で治療をするため、アゴと歯並びの不調和の程度が大きすぎる場合は、歯並びの矯正治療だけでは対応できずに、顎(アゴ)の位置を改善する外科手術が必要になる場合があります。

しかし、子供の場合は、まだ「成長段階」にありますので、その成長を適切な方向に誘導させることで、何ら無理なく治療を進めることができ、かつ、理想とされる顎の骨格、そして歯並びを創造することが可能になります。

成長力を利用できるのは子供の時期だけ。そしてその成長力が、顎の形態、歯並び、顔貌の形成に関わってきます。」

これが、子供のうちに治療を開始するメリットになります。
その他、子供の時期に治療を開始することのメリットをご紹介します。

メリット1抜歯矯正の可能性が高まります

非抜歯

子どもの矯正治療では、可能な限り歯を抜かないことが大原則になります。なぜなら、子どものアゴの骨は柔らかいため、柔軟に広げることができ、歯を並べるスペースを確保することができるためです。その結果、ブラケットを付ける仕上げの治療が必要になった場合であっても、歯を抜かずに治療する可能性が高くなります。

メリット2理的コンプレックスから解放されます

笑顔

多感な思春期に入ると、歯並びや口元のコンプレックスを持つことが多くなります。人前で笑わないようになったり、歯並びが原因であだ名をつけられ、傷つくようになることも少なくありません。 そのようなお子様の場合には、矯正治療によって早期にコンプレックスを改善させることで、健全な学校生活を送れるようになります。

メリット3貌をコントロールできます

横顔

皆様が思われているより、歯並びと顔の形の関係性は高く、歯並びを改善させることでいわゆる「かっこいい」「綺麗」な顔貌への誘導が可能になります。

メリット4歯や歯肉炎の予防となります

歯ブラシ

生えたての永久歯は乳歯より大きいため、デコボコした歯並びになりがちです。つまり、歯磨きがしにくいお口の環境になります。そのまま放置しておくと、永久歯と言えども、当分の間は堅さが十分でないために虫歯になりやすくなります。そこで、歯並びを改善し、歯磨きがしやすい環境を作ることで虫歯や歯肉炎の予防になります。

最後に、担当医からのメッセージ

アメリカでは、歯並びの悪い子供を幼少期のうちに矯正治療してあげるのは親の責任だと考えられています。それだけ、その後の人生におけるデメリットが十分に理解されているのです。社会に対して、女性の立場から情報発信をしているスージー・ウェルチ氏は次のような言葉を残しています。

あなた自身の決定が、10分後、10か月後、10年後にどうなっているか想像してみなさい。(By Suzy Welch)」

イメージ

歯並びの悪いお子様を連れて来院されるお母様を見ていると、矯正治療は親が子供にしてあげられる素敵なギフトだと感じることがあります。子供の将来を見据え10年後に「ありがとう」と言ってもらえる選択をしてあげることが子供の人生を豊かにすることにつながります。“矯正治療というと、相談するだけで敷居が高そう”と感じている方も多いようですが、まずはお気軽にご相談ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • オンライン予約
  • メール相談

電話078-811-7016

兵庫県神戸市東灘区御影郡家1-34-9

診療時間
10:00 ~ 12:30
13:30 ~ 18:30

※最終受付:各30分前まで

このページの先頭に戻る