歯石除去/歯の着色除去/歯のクリーニング|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉

  • 駐車場完備
  • 保育士在中
  • 電話078-811-7016
  • 〒658-0048 兵庫県神戸市東灘区御影郡家1-34-9

みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック

キービジュアル

虫歯/歯周病の予防をしながら、
歯を白くのある自然な美しさに!

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

虫歯/歯周病を予防しながら、「自然な歯の美しさ」を手に入れませんか?

歯科医院では、虫歯や歯周病にならないためのプログラムがあります。
このプログラムでは、虫歯等の原因である歯垢や歯石を除去します。

院長

皆さんあまりご存じありませんが、歯垢や歯石は、いくら毎日しっかりと歯磨きをしてもどうしても付着してくるものですので、定期的に歯科医院で専門の機器を利用して除去する必要があります。

分かりやすい例えでご説明します。

毎日、台所の三角コーナーの中にある生ごみを捨てますよね。
これがお口の中でいう、”歯を磨く”ことにあたります。
しかし、毎日、生ごみを捨てていても1ヵ月もすると、”ヌメヌメ”してきますよね。
実は、これと同じことがあなたのお口の中でも起きているのです。

この三角コーナーのヌメヌメをきれいにするためにどうしているでしょうか?

おそらく、クレンザーなどの強力な洗剤を使用して、元通りのピカピカの状態に戻しているとおもいます。三角コーナーと異なり、お口の中では、このような強力な洗剤を使用することはできません。したがって、それよりも安全なものとして、普段、あなたが使用している歯磨き剤を使用することになります。

イメージ

しかし、残念なことに歯磨き剤だけでは口の中の”ヌメヌメ”を完全に落とし切ることはできません。
これが、毎日、歯を磨いていても虫歯・歯周病になってしまうメカニズムなのです。

お口の中にできる”ヌメヌメ”をバイオフィルムと呼び、虫歯菌・歯周病菌などにとってのバリアのようなものといえます。このバリアを壊さない限り、虫歯菌や歯周病菌に直接効果的な攻撃を加えることはできないのです。

このバリア(バイオフィルム)を除去するためには、歯科医院で定期的にPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と呼ばれる”プロによる機械を用いた歯のクリーニング”を受ける必要があります。

ここからが本題です!
このPMTCを行うことで、皆様に嬉しい副次的効果が発生します!

それは「本来の歯の白さが蘇る!!」という副次的効果です。

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

これは歯石などを除去するとともに、ヤニ汚れ、茶渋などの着色も一緒に除去できるためです。つまり、定期的(2~3カ月に1回)にクリーニングに通う事で、虫歯・歯周病予防にもなりますし、歯の白さを維持でき一石二鳥という事です。

当院では歯を白くする方法として「ホワイトニング」も行っています。これらは「本来の歯の白さよりももっと白くする」治療法ですので、歯の白さを追求されている方はそちらをご覧ください。

虫歯リスク/歯周病リスクを簡単にチェックすることができます!

お口の健康に興味がある方に非常に好評を頂いているサービスがあります。
それは「唾液検査」を行い、「ご自身の虫歯リスク/歯周病リスク」を判定するサービスです。これは、わずか5分で検査結果が出て、かつ、非常に分かりやすい検査資料をお渡しできるサービスです。

機器

資料

ご自身のお口の健康状態を把握することで、今後どのようなケアをすべきか、どのようなことに気を付けるべきかが分かりますので、当院でも積極的に皆様にお勧めしています!

コラム―親御さんのお口の健康は、
「お子様」のお口の健康に
直結します!

虫歯は、人から人に移るということをご存知でしたか?
生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯の原因となる菌がいませんので、虫歯にはなりません。多くの場合、生後1歳7ヵ月から2歳7ヵ月の間にスキンシップを通して周囲の大人から移るといわれています。

虫歯菌の伝播を防ぐことで、将来、虫歯ができにくくなるという報告データがあります。人から人に移るものである以上、対策が可能ですので、正しい知識で子供を虫歯から守ってあげることが大切となります。

では、どのようにして虫歯から子供を守るべきなのでしょうか?
それは「正しい知識」を親御さんが持つことです。

伝播対策には、次の3つの方法が有効です。

母と子

  • 伝播源の除去
    (お母さんのお口の中を清潔に保つ)
  • 抵抗力の強化
    (虫歯菌から子供を守る工夫をする)

「伝播源の除去
(お母さんのお口の中を清潔に保つ)」

マイナス1歳からの虫歯予防」をご存知でしょうか?
赤ちゃんが生まれた時は0歳です。マイナス1歳とは、お母さんのお腹にいるときの状態で、その時からお子様への虫歯伝播を予防するための取り組みを行おうというものです。

先ほども述べましたが、虫歯菌は人から人へと伝播します。特にお子様への虫歯菌の伝播は、母親から子供へとスキンシップを通して移るケースが最も多いといえます。
そのため、まずはお母さんのお口の中を清潔に保つことが大切となります。

診療

お口の中を清潔に保つためには、お母さんに虫歯がないことはもちろん、食後の歯磨き習慣に加え、先ほどお伝えした歯科医院で行われているPMTCと呼ばれる、“プロによる専用機械を用いた歯のクリーニング”を定期的に受けられることです。

「抵抗力の強化
(虫歯菌から子供を守る工夫をする)」

お母さんから子供に虫歯菌が移ると、子供は免疫力が弱いため一気に虫歯菌が増えて、虫歯があっという間に広がります。しかも、子供の歯は柔らかいため、みそっ歯と呼ばれる、黒くボロボロの歯になります。虫歯菌から子供を守るため、歯科医院では抵抗力の強化として、次のことを行っています。

  • TBIとよばれる歯磨き指導
  • 虫歯になりやすい歯の溝を埋めるシーラント填塞(てんそく)
  • 虫歯予防効果のあるフッ素塗布

以下、それぞれの説明をします。

①TBI(歯磨き指導)

歯磨き

子供が歯磨き好きになるように指導します。

虫歯が多発する部位は、

  • 歯と歯の間
  • 歯と歯肉の境目
  • 歯の溝です。

TBI(歯磨き指導)では、(Ⅰ)と(Ⅱ)から発生する虫歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら指導していきます。

②シーラント填塞

シーラント

上記(Ⅲ)の歯の溝は複雑で、ブラッシングだけでは虫歯の予防が不可能な部位です。
写真のようにシーラントで溝を埋めてあげることで、虫歯の予防効果が期待できます。

③フッ素塗布

フッ素画像

フッ素は歯磨き剤にも含まれていますが、歯科医院で高濃度のフッ素を塗布することで、虫歯菌が作り出す強い酸に対して抵抗力のある歯に強化することができます。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • オンライン予約
  • メール相談

電話078-811-7016

兵庫県神戸市東灘区御影郡家1-34-9

診療時間
10:00 ~ 12:30
13:30 ~ 18:30

※最終受付:各30分前まで

このページの先頭に戻る