医院ブログ|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉

  • 駐車場完備
  • 保育士在中
  • 電話078-811-7016
  • 〒658-0048 兵庫県神戸市東灘区御影郡家1-34-9

みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック

キービジュアル

赤ちゃんの歯の生え方|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉の歯医者|ブログ

2017年09月14日

赤ちゃんの歯が生え始めてきたら、どのようにケアをすべきなのか、最初はわからないこともありますよね。ですが、生え始めの赤ちゃんの歯というのは、とてもデリケートで虫歯にもなりやすいのです。赤ちゃんの歯の生え方と正しいケアの仕方を知って、赤ちゃんの歯を虫歯から守ってあげましょう。

■赤ちゃんの歯の生え方。

赤ちゃんは生後3~9ヶ月に最初の歯が生えてきます。一般的に下の前歯から生え始めます。よだれの量が増えてくると、これが歯の生え始めるサインになります。また、歯の生え初めには痛みやむず痒さを感じる事があり、これが原因で泣いたりぐずったりする、いわゆる歯ぐずりが始まったりします。
生後9~16ヶ月には離乳や断乳の時期を迎えますが、この頃になると上下の前歯も生え揃います。
生後16~22ヶ月になると奥歯が生え始め、24ヶ月から30ヶ月で全部の歯が生え揃います。

■歯医者に行くべきケース。

歯が生える時期は個人差もありますので、多少歯が生えるのが遅くても、急いで歯医者に行く必要はありません。ですが、1歳3ヶ月を過ぎても歯の生える兆候が全く見えないようであれば、歯医者さんで診てもらいましょう。何か先天的な理由があるかもしれません。
赤ちゃんの歯には白い歯石がつく事もあります。これは放置しておいても虫歯などになる事はありませんので、歯が全部生え揃う時期まで気にしなくても大丈夫です。

エナメル質形成不全と言って、生えてきた歯が黄色かったり、茶色かったすることがあります。通常はエナメル質で歯がコーティングされているのですが、コーティングが弱く、虫歯になりやすい状態となっています。こういった歯が生えてきたときは、歯医者さんで診てもらいます。

歯の形で気になるのが癒合歯ではないでしょうか。癒合歯は歯と歯がくっついており、特に下の歯に多く見られます。ですが、乳歯の段階ではさほど気にする状態ではありませんので、永久歯に生え変わるときに歯医者で診てもらえばいいでしょう。

ごく稀に、生まれた時から歯の生えている赤ちゃんもいます。先天性歯は歯医者での処置が必要になります。

■赤ちゃんの歯のお掃除方法。

母乳がメインの時期は赤ちゃんの歯のお掃除に、布やガーゼ、お掃除シートなどを使って汚れを拭き取ってあげます。
離乳食に移行する時期になると、歯ブラシを使っての歯磨きをします。赤ちゃん用の毛先が柔らかい歯ブラシを選んで、しっかりケアをしていきましょう。

赤ちゃんの歯が生え始めると、赤ちゃんの歯のお手入れにより気を使わなくてはなりません。その為にも、赤ちゃんの口の中を普段からよく見て、歯の生える状況に合わせてケアをしてあげましょう。
また、親の虫歯菌が子供に感染してしまうこともあります。赤ちゃんに食事を口移しで食べさせたりするのは避け、既に虫歯や歯周病にかかっている人は、赤ちゃんに菌をうつさないよう治療が必要になります。

ページを見る

子供の歯列矯正が出来る歯科|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉の歯医者|ブログ

2017年09月14日

子供の歯並びが気になってきたら、奇麗な歯並びにしてあげたいと考える方も多いのではないでしょうか。歯列矯正は大人になってからやるよりも、子供のうちにやっておいたほうがいいと言われています。では、子供の矯正を考える場合、どのような歯医者を選ぶのが正解なのでしょうか。

■子供の歯列矯正が出来る歯科。

子供の歯列矯正において、まずは歯医者さんを選ぶ必要があります。
一般歯科でも矯正治療をやっているところがあります。一般歯科では、虫歯の治療や抜歯、インプラントなどの治療も行っていますので、矯正専門の歯科ではありません。ただし、メリットとしては虫歯になってしまっても、同じ先生に診てもらえます。
一方、矯正専門歯科があります。矯正専門歯科では高度な技術や知識を持って治療にあたります。複雑な症例などにも対応している歯科医院もありますので、成人してからの矯正にも対応してくれます。審美目的で通う大人の患者も多いでしょう。ただし、虫歯にかかった場合などに他の歯医者に行かなくてはならない場合もあります。
小児歯科では、虫歯の治療や歯周病の予防なども同時に行えますし、歯の生え変わりの状況なども判断しながら、適切なタイミングを見計らって矯正治療を行います。
歯医者を選ぶ際には、矯正歯科学会の認定医や専門医がいるかどうかもポイントになってきます。

■子供の矯正をするなら小児歯科を選ぶべき理由。

小児歯科では、子供の歯の生え変わりの状況なども見ながら矯正治療を進めます。矯正治療は審美目的だけではなく、虫歯や歯周病になるのを防ぐためにも行います。お口の中を健康に保つためには、見た目の歯並びだけでなく、虫歯にならないように歯列矯正を行うことが非常に重要なポイントになってきます。
また、小児歯科では痛みに拘った治療をしてくれます。子供が恐怖心を抱いてしまうと、だんだん歯医者から足が遠のいてしまいます。矯正治療は時間もかかる治療ですので、子供の恐怖心を最大限に減らした、通いやすい歯医者であることも重要です。歯医者が嫌いにならないような環境が整っていると、途中で逃げ出さずに最後まで頑張って治療に臨めます。

家の近所に適切な歯医者さんがない場合は、通いやすい歯医者を選ぶしかありません。ですが、矯正治療は決して安い治療ではありませんので、失敗は避けたいものです。その為にも、一生綺麗な歯並びが続くよう、子供の成長を確認しながら治療を進めてくれる歯医者さんを選びたいですね。

ページを見る

子供が自発的に歯を磨けるようになる方法|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉の歯医者|ブログ

2017年09月14日

虫歯が出来てしまうと歯医者さんに通って治療をしなくてはなりません。しかし、歯は一生使うものです。出来れば虫歯になることなく、歯を使っていきたいですよね。
子供のうちから歯磨きの習慣をつけて歯磨きの出来る子に育てたいというお母さんも多いと思いますが、子供が歯磨きを嫌がってなかなか歯を磨いてくれない場合があります。
そこで、子供が自発的に歯を磨けるようになる方法をご紹介したいと思います。

■子供が歯磨きを嫌う理由。

最初こそ歯ブラシに興味津々だったとしても、実際に毎日歯磨きさせるとなると、嫌がってしまう子供も沢山います。
子供が歯磨きを嫌がる理由として考えられるのは、硬いものを口に入れること事態に慣れていませんので、それを拒否してしまうことにあります。ブラシがあたる事にも初めは抵抗感を抱くようです。
子供は最初から歯磨きを上手く出来るわけではありません。しかし、親は必死に歯を磨かせようとします。無理矢理歯を磨かせようとするあまり、歯磨き中に子供を叱ったりすれば、お母さんを恐いと思いますし、歯磨きが楽しいと感じられらなくなります。

■自発的に歯磨きをさせる方法。

子供にはイヤイヤ期があります。どんな事に対しても嫌がってお母さんを困らせます。イヤイヤ期の子供に無理矢理歯磨きさせるのは大変苦労するものです。そこで、子供たちが自発的に歯磨きする方法を考えましょう。

まずは、歯ブラシ選びです。子供用の歯ブラシを子供と一緒に買いに行って選んでみましょう。子供の好きなキャラクターがついた歯ブラシを選ばせると、大嫌いな歯磨きの時間も恐怖心が和らぎます。毛先は柔らかいものがオススメです。
歯磨き粉も子供向けの美味しい味が沢山出ています。大人が使うスースーするタイプではなく、フルーツ味のものなどを選んでみると良いでしょう。イチゴ味など子供が好きな味の歯磨き粉に替えてから、歯磨きが大好きになったお子さんもいるくらいです。

歯磨きの躾には、歯磨きの絵本などを使って、歯磨きの大切さを子供に伝えます。絵本だけでなく、DVDもあります。歯磨きのシーンのあるDVDを見る事で、虫歯になると恐いことや、歯磨きをすることの大切さが学べます。
歯磨き動画や歯磨きアプリを使って、楽しく歯磨きをさせるという方法もあります。

そして、特に大事なのが歯磨き中にあまり子供に恐い顔を見せないことです。歯磨き中に叱られると、子供は歯磨きをすること事態に恐怖を感じてしまいます。
歯磨き中は優しく言葉をかけつつ、険しい表情にならないよう気を付けましょう。歯磨きが出来たら、褒めてあげる事も忘れないで下さい。
最後に、磨き残しがないかチェックします。

子供の大事な歯を守るのは、親の役目でもあります。子供が自発的に歯磨き出来る環境を整えてあげ、上手に歯磨き出来る子に育てたいですね。

ページを見る

母乳育児と赤ちゃんの虫歯の原因|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉の歯医者|ブログ

2017年09月14日

赤ちゃんは母乳で虫歯になる?母乳と虫歯の関係。

赤ちゃんが虫歯になるのは、母乳育児が原因になっていると言われたりします。母乳は赤ちゃんにとって大切な栄養です。母乳が赤ちゃんの虫歯の原因になるとしたら、お母さんも赤ちゃんに母乳をあげるのを躊躇ってしまうでしょう。しかし、赤ちゃんの虫歯は本当に母乳育児が原因なのでしょうか。

■母乳育児と赤ちゃんの虫歯の原因に考えられる理由とは?

母乳には赤ちゃんが成長するのに必要な栄養が豊富に含まれています。たんぱく質やビタミン、ミネラルなど赤ちゃんが成長する為に必要な栄養素が沢山入っているのです。免疫機能を高める働きもあります。
ですが、母乳育児が虫歯になると考えられるのは、母乳の主な成分である乳糖がどうやら原因となっています。乳糖は糖分といえども、虫歯の原因になりにくい糖分です。
更に、母乳には虫歯になりにくいラクトフェリンという成分が入っています。この成分は虫歯菌の増殖を抑える働きもあるのです。
虫歯になりやすいと言われていた母乳は、赤ちゃんの虫歯の原因ではなかったのです。

■赤ちゃんの虫歯の本当の原因。

では、赤ちゃんは何故虫歯になるのでしょうか。母乳を飲んでいて虫歯になってしまうのは、母乳の飲み方に原因があります。授乳後に毎回歯磨きをすればいいのですが、子育て中はなかなか難しい場合もあるでしょう。しかし、ダラダラ飲み続けると虫歯の原因になります。
夜は唾液の出る量も減りますので、夜に母乳をあげると虫歯になりやすくなります。虫歯は唾液が出る事で歯の再石灰化を促します。唾液が少なければ、歯の再石灰化は進まないので、虫歯にもなりやすくなります。

また、虫歯の原因は砂糖にあります。砂糖を含む飲み物や食べ物が赤ちゃんの虫歯の原因となります。ミュータンス菌が砂糖をエサにして酸を出すと、歯を溶かして虫歯になります。
ミュータンス菌を多く持つ親が、赤ちゃんに口移しで食べ物を食べさせたりすると、赤ちゃんが虫歯になってしまう事もあります。

■赤ちゃんの虫歯を防ぐには?

赤ちゃんの虫歯を防ぐには、母乳をダラダラと飲ませ続けない事です。時間を決めて赤ちゃんに飲ませるようにします。
また、虫歯になりやすい3歳までは、砂糖が多いお菓子をなるべく控えるようにしましょう。
毎回歯磨きが出来なくても、食後に水分を口に含ませて汚れをとってあげたり、ガーゼや布で汚れを拭いてあげます。

母乳育児は赤ちゃんの成長とっては非常に大切です。スキンシップも図れますし、スムーズに離乳食への移行が出来たり、味覚を育てるといったメリットもあります。虫歯を気にするあまり、母乳育児を辞めてしまうよりも、母乳育児は赤ちゃんにとってメリットのほうが大きいのです。虫歯にならないよう飲ませ方に注意すれば、赤ちゃんに母乳を沢山あげても特に問題ありません。

ページを見る

虫歯にならない習慣|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉の歯医者|ブログ

2017年09月14日

甘いものや冷たいものを食べた時に歯がしみたり、歯がズキズキするといった症状があれば、虫歯になっているかもしれません。虫歯になれば食事も美味しく食べられませんし、虫歯の治療では歯を削ったり、神経を抜かなくてはなりません。一度虫歯になってしまえば、歯が元通りに戻ることはないのです。
ですが、虫歯は予防が出来ます。普段から虫歯にならない習慣を作っておけば、大切な歯を虫歯から守ることが出来るのです。

■甘いものをダラダラ食べ続けない。

甘いものには砂糖がたくさん使われています。しかし、糖質は虫歯菌の大好物です。
虫歯菌は糖質を餌に繁殖して、細菌の塊であるプラークを作ります。歯に付着したプラークは糖質から酸を作り出します。この酸が歯を溶かしてしまいます。これを脱灰と呼んでいます。ですが、唾液が酸を流し、溶け出した歯の成分は元に戻ろうとします。これを歯の再石灰化と呼んでいます。

糖質を含む甘いものをダラダラと食べ続けていることで、常に口の中が酸性に傾き、再石灰化が追いつかなくなり、虫歯になってしまいます。
甘いものをダラダラ食べ続けるのは止め、食べる回数と時間を決めておきましょう。

■寝る前には食べ物を食べない。

寝ている間は唾液の分泌が減ります。唾液には食べカスや酸を流したり、酸性に傾いた口の中を中性に戻す働きがあります。歯を再石灰化したり、殺菌作用や抗菌作用もあります。
唾液が減れば、口の中で細菌が繁殖します。歯磨きをしないまま寝てしまえば、翌朝起きた時には虫歯菌が夕食後の30倍にも増加すると言われています。
夕食後には歯磨きをして食べカスやプラークを綺麗に取り除くことで、虫歯のリスクを減らせます。

■食べた後は必ず歯磨きをする。

食後はすぐに歯磨きをしましょう。食べ物が口に入ればプラークが歯に付着して酸を出し、脱灰が進みます。食後30分以内にはなるべく歯を磨いて、汚れを綺麗に落としましょう。歯ブラシでは落としにくい歯間の汚れには、デンタルフロスを使うのがオススメです。
すぐに歯磨きが出来ない時はうがいをしたり、お茶を飲んだり、キシリトール100%のガムを噛むことによって虫歯を予防出来ます。

子供は甘いものが大好きな上に虫歯にもなりやすい為、歯磨きをしないでいるとあっと言う間に虫歯が進行してしまいます。
毎食後の歯磨き習慣に加え、子供が一人で完璧に歯磨きが出来るようになる迄は、仕上げ磨きも行いましょう。
虫歯にならない習慣が出来ていない場合は、今の習慣を改めて虫歯にならない習慣を作ってみませんか。

ページを見る

妊婦さんが虫歯になりやすい理由|みかげ小児歯科・矯正歯科クリニック|神戸市東灘区御影・住吉の歯医者|ブログ

2017年09月11日

妊婦さんは虫歯になりやすいと言われています。しかし、妊娠中に虫歯の治療をする事で、お腹の中の赤ちゃんに影響はないのか、心配される妊婦さんも多いようです。

■妊婦さんが虫歯になりやすい理由。

妊娠するとホルモンバランスが乱れる事から、虫歯になりやすくなります。女性ホルモンを栄養とする歯周病菌も繁殖しやすくなるので、歯周病も悪化します。
それだけでなく、妊娠中は唾液が粘り気を帯びるようになる為、口内環境が虫歯菌の活動しやすい状況に変化します。また、妊娠中は唾液の量が減り、口の中が酸性になりがちです。酸性の状態が続けば、歯の再石灰化が弱まり、虫歯にもなりやすくなります。

■妊婦さんでも出来る治療。

では、妊娠中にはどのような歯科治療が出来るのでしょうか。
まず、虫歯になってしまった部分を削って詰め物や被せ物をする治療は、妊娠中でも出来ます。虫歯が神経に達してしまうと、神経の治療も必要になってきます。
妊婦さんは歯周病が悪化しやすい口内環境になっているので、歯石を取ったり、清潔な口内環境を保つ為の予防歯科や歯周病の治療は妊娠中でも可能です。
抜歯も問題ありませんが、親不知の抜歯や外科処置などは避けるべきです。

■歯科治療における胎児への影響。

歯医者さんに行くと、レントゲンを撮影することがあります。特に気になるのは被爆ではない
かと思います。歯医者でレントゲン撮影をする場合、撮影は口の部分に限定して行います。胴体には鉛のエプロンもかけますので、胎児にはレントゲンの影響が出る事はほぼありません。
日本人が浴びる自然放射線量は年間で1.5mSvから2.4mSvですが、それに対して歯科用CTの放射線量は0.1mSv、歯科用レントゲンは0.01mSvです。

虫歯治療では、麻酔を打つことがあります。この麻酔も胎児に影響がないのか気になりますが、歯医者の麻酔は局所麻酔で麻酔薬も少量である事から、胎児への影響を気にする必要はありません。

では、治療後に出される痛み止めや抗生物質はどうでしょうか。実は処方される薬の中には、胎児に影響を及ぼすものがあります。抗生物質なら、セフェム系やペニシリン系が比較的安全であり、妊婦さんにも使われます。
やむを得ない状態であれば、薬を使用する事もありますが、基本的には避けた方が良いでしょう。

妊婦さんが治療をする際は、悪阻が酷い時期や出産直前などは避けるのが正解です。比較的、体調が安定する妊娠中期であれば、胎児への影響も少なくなります。
妊娠中である事を事前に伝え、歯医者さんと相談しながら、治療を行うようにしてください。

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • オンライン予約
  • メール相談

電話078-811-7016

兵庫県神戸市東灘区御影郡家1-34-9

診療時間
10:00 ~ 12:30
13:30 ~ 18:30

※最終受付:各30分前まで

このページの先頭に戻る